貸切バスのお問い合わせはこちら
高速乗合バス・一般路線バスの
お問い合わせはこちら
  1. トップページ
  2. 安全への取り組み

安全への取り組み

安全管理体制の構築・維持

「運輸安全マネジメントの取組み」

運輸安全マネジメントに関する取り組み

「運行管理体制」

「厳正な運行管理体制の確立」

2016image031 2016image032 2016image029
厳正な点呼執行 高濃度アルコール検知器 日常点検(運行前点検)
厳正な運行管理体制により、日々の安全運行を支えています。
2016image035 2016image033 2016image034
運行する全てのバスの位置情報をリアルタイムで把握
           安全運行を支援する装置の活用
全車にドライブレコーダー及びデジタルタコグラフを装備
ドラレコ映像の分析及び事故原因・対策についての活用
ヒヤリ・ハット情報の収集・共有

「車両安全対策」

「安全最新装置を装備した新型車両の導入」

Mobileye530(衝突防止補助システム)を観光バス全車両に搭載しました。
バスのフロントガラスに取り付けたカメラが前方車両・歩行者・車線を検知し、衝突の危険が迫るとアイコン表示とブザー音による警報が発せられ、交通事故を未然に防ぎます。また、常に危険運転を警告することで、運転技術の向上を図ります。
mobile01  mobile02 mobile03
ドライブレコーダー
5台の専用カメラを車両に設置し、走行時の映像を常時録画しています。
映像は事故原因の分析に使用するほか、収集したデータを安全対策や安全教育にも活用しています。
2016image034
デジタル式運行記録計
新型デジタルタコグラフを全車両に設置しています。
運転者ごとの運行記録を基にきめ細かい運転指導に活用するほか、燃費向上を目的とした経済運転管理も可能となっています。
2016image033

「安全に係る教育・訓練」

「乗務員に対する安全教育、訓練」

徹底した安全教育並びに運転技能教習の充実
2016image027 2016image024 2016image008
基礎教育 技量向上教育 チェーン装着講習
新任者には約2ヶ月にわたる訓練と
社内審査を実施





基本動作による安全確認
お客さまに安心してご乗車いただくため、
毎年策定する教育計画に基づき実践的かつ効果的な教育を行なうほか、外部の教育機関や施設も積極的に活用し、さらなる安全意識の向上、運転技術のレベルアップに取り組んでいます
安全運転のポイント(重要5項目の実施)







「安全教育の徹底」

followup
2016image010 2016image011 2016image012 2016image012
異常時対応訓練(バスジャック、車両火災)

一般適性診断システムの導入・活用

危険予知トレーニング
ヒヤリハット事例を活用した危険予知能力の向上
救急救命講習



「運転者の健康管理の強化」

会社負担にて全運転士にSASの検査を実施し、安全運転のために必要な健康状態の把握に努めています。
2016image026 sas01 brain01
乗務員の健康管理 当社選任の産業医による健康指導 睡眠時無呼吸症候群SAS検査脳ドック

「トップ及び管理部署による監査・視察」

AED(自動体外式除細動器)を全ての路線バス車両及び各営業所へ設置
2016image010 2016image011 2016image014
安全意識をさらに醸成するために… チャレンジコンテストへの参加 無事故、無違反者にお対する報奨金制度



岸和田観光バス株式会社
596-0001 大阪府岸和田市磯上町4丁目281-3  TEL:072-436-2222 FAX:072-436-2223